身体美学講座・身体編3−5

身体美学講座ロゴ

身体編3−5 運動の基礎

美姿勢シルエット

身体管理の基礎は運動
身体は機能、機能が身体創る
機能の洗練が美を生む
機能の維持が美の維持
運動が機能を育む

運動の基礎1 運動は何のためにするのか
1.身体との対話 2.精神との対話 3.普遍的同一性
運動の基礎2 健康支える柱は運動?医療?
1.検診は非推奨? 2.対話と医療 3.寿命と医療
運動の基礎3 身体を動かせるのは自分の意思のみ
1.運動は自力本願 2.美容の誇大広告? 3.名ボクサーの示唆
運動の基礎4 生きてる限り続く日常的営み
1.運動の恒常性 2.運動が苦手な動物? 3.美の恒常性
運動の基礎5 体を喜ばせる、心地よさが原則
1.快動原則 2.食欲と並ぶ柱 3.対話が基本
運動の基礎6 美も健康も理想は臨界点上の均衡
1.生理的調和 2.総合的管理 3.音楽や料理も同じ?
運動の基礎7 余力が心身の最高の状態を生み出す?
1.原理ゆとり原則 2.万事に当てはまる 3.名選手の実例
運動の基礎8 治療が必要?、運動によって傷つく体
1.運動=休息 2.休息も仕事 3.運動選手は短命?
運動の基礎9 すべては身体機能が支えている?
1.体と頭の関係性 2.若々しさの実体 3.身体の喜び