身体美学講座身体編3−6

運動の実践1

美姿勢シルエット

やらなければ機能退化するのみ

2022年11月20日更新 運動の実践7

.運動の実践1 適量知って生きてる限り続ける
1.運動は総量 2.永続性 3.高齢アスリート
運動の実践2 健康と美を支える主体と生涯運動
1.最大の運動器官 2.砂上の楼閣 3.自由な翼
運動の実践3 速きこと疾風、動かざること山の如し
1.移動運動 2.定点運動 3.組合わせが肝
運動の実践4 筋肉の種類と調和、適切な運動で維持
1.有酸素運動 2.無酸素運動 3.高齢日本女性の特徴?
運動の実践5 必須生涯運動に最も適した定点下肢運動
1.速筋運動 2.定点下肢基本 3.速さは力
運動の実践6 単純な運動なれど様々な応用と工夫と効果
1.加重と無重 2.自由に日常対話 3.多様性と効果
運動の実践7 定点+移動+遅筋+有酸素の条件満たす運動
1.擬似移動運動 2.自然にふれる効用